美容師です、人は見かけによりません


by 7oo1kmtoki
 うその投資話を持ちかけ、多額の現金をだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課などは27日、詐欺容疑で、元NPO法人理事、長田喜弘容疑者(51)を逮捕した。長田容疑者はプロ野球の巨人の元投手で米大リーグ・パイレーツでも活躍した桑田真澄さん(41)の姉の元夫だった。

 県警によると、長田容疑者は平成17年、横浜市の男性に「大分県にある旅館を買収してあげる」などと投資話を持ちかけ、約3億円を詐取した疑いが持たれている。男性が県警に告訴していた。

【関連記事】
桑田氏号泣…告別式で父との思い出語る
桑田真澄さん「非常に残念」 父、火災で死亡 浜松市
夢実現!桑田氏「WASEDA」で熱投
桑田氏が西武・菊池に金言「自分を信じて」
松坂&桑田氏が店内“乱投”始球式

殺人は時効廃止、法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
国際緊急援助隊医療チームが解団式(医療介護CBニュース)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間−警視庁(時事通信)
センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ(産経新聞)
[PR]
# by 7oo1kmtoki | 2010-02-02 20:23
 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、那覇市内のホテルで、沖縄県名護市の稲嶺進次期市長と会談した。同席者によると、小沢氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題に関し、「政府の頭越しで意見を言うことは控えたいが、民意は重い。しっかり理解しているので、私の立場で対応したい」と述べた。
 小沢氏の発言は、名護市辺野古への移設に反対する稲嶺氏が先の同市長選で勝利したことを踏まえ、民意を尊重して辺野古への移設に反対する姿勢を示したとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

NHKの福地会長、経営委員らに辞意表明(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 農林水産祭受賞者らと懇談(毎日新聞)
失業率5.1%、0.1ポイント改善=求人倍率は4カ月連続改善−12月(時事通信)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
<流氷>知床に着岸 南下は平年並み(毎日新聞)
[PR]
# by 7oo1kmtoki | 2010-02-01 19:38
 今世紀に入って地球の気温上昇が鈍化した原因は上空の水蒸気が減少したためとする分析を、米国とスイスの研究チームがまとめた。地球温暖化の原因と対策を考える上で論議を呼びそうだ。28日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によると、20世紀後半の気温は10年当たり0.13度上昇した。00年以降も温室効果ガスは増えているが、気温上昇はほぼ横ばい。このため「上昇は人間活動が原因である可能性が90%以上」とするIPCCの分析を疑問視する見解が出ている。

 研究チームは二酸化炭素(CO2)と同じように温室効果を持つ水蒸気がかかわっていると考え、人工衛星と気球で上空の水蒸気濃度を調べた。

 それによると、成層圏(約10〜50キロ)の水蒸気が増え、1980年からの20年間の気温上昇率は30%増だった。だが、その後の10年間は水蒸気が10%減り、気温上昇率も25%減だった。本来0.14度高くなるところを0.10度に鈍化させる効果をもたらした。

 分析した米海洋大気局のスーザン・ソロモン博士(IPCC第1作業部会共同議長)は「水蒸気は(太陽光をさえぎる)火山噴火と同様、気温の変化に影響を与える。しかし、CO2などの排出増がなければ気温上昇は説明できず、IPCCの結論は変わらない」と語った。【田中泰義】

【関連ニュース】
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化
【写真特集】グリーンランドの温暖化と滅びゆく犬ぞり
【写真特集】赤道直下の島の危機とゴミ問題…ツバル
【写真特集】温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見たシロクマ絶滅の危機
地球温暖化防止:都市部「芝で緑化」は逆効果 米大学分析

474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)
[PR]
# by 7oo1kmtoki | 2010-01-30 23:57
 自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部の任意聴取を23日に受け、その直後に会見し、事件について初めて語った民主党の小沢一郎幹事長。だが、その説明には随所に不自然な点がみられた。わずか20分余りで一方的に打ち切られた会見。当初「政治献金」としていた問題の土地購入原資の説明は、その後「融資」に変わり、会見では「個人資金」に。こうした説明に象徴されるように、事件への疑問はいまだにほとんど解消されていないのだ。

  [イラストで見る]だれがどんな役割? 陸山会をめぐる虚偽記載の構図

 「(秘書寮建築のため)土地を購入することを決め、私の個人資金を陸山会に貸し付けたことが事実のすべて」

 小沢氏は会見の冒頭、こう語り、ゼネコンからの裏献金の疑いがある陸山会が平成16年に購入した土地代金の原資について、自己資金であると強調した。報道陣には原資となった4億円の出どころについて書面を配布した。

 それによると、(1)自宅を買い替えた際の残金で、元年に引き出した2億円(2)家族名義の口座から9年に引き出した3億円(3)同じく14年に引き出した6000万円−の計5億6000万円だったとし、これらを個人事務所の金庫に保管。土地購入時には4億数千万円が残っており、このうち4億円を貸し付けたと主張した。

 ■疑問(1)

 《多額の資金を引き出し、手元で保管したのはなぜ?》

 小沢氏側の関係者は、9年の引き出しについて「バブル崩壊で銀行破綻(はたん)が相次ぎ、ペイオフ(預金保護)解禁の論議が出たため」と説明するが、バブル絶頂の元年に引き出した理由は不明だ。

 総務省統計によると、当時の定期預金金利は4%以上。2億円の預金で単純計算すると、利息は年間800万円に上り、5年間預けておけば4000万円以上の利息を受け取れたはずだが…。

 小沢氏は問題となった土地以外にも、妻名義で2つの不動産を購入している。

 登記簿によると、7年5月に自宅近くの秘書寮用地を購入。この際、土地と建物を担保に銀行から2億3500万円の融資を受け、利子を含め約2億6000万円を11年5月までに返済していた。

 その3カ月後の8月には自宅隣地を購入し、土地と建物を担保に3億5000万円の融資を受けていた。19年3月までに返済したが、総額5000万円余りの利子を支払った計算になる。

 ■疑問(2)

 《多額の手持ち資金がありながら、利息を上回る金利がかかる融資を受けて土地を購入したのはなぜ?》

 小沢氏は、問題の土地購入時に4億数千万円が残っていたとするが、17年3〜5月にも小沢氏の資金4億円が陸山会の口座に入金され、すぐに同額が引き出されるという不自然な動きがあった。4億円を土地代金に充てたため、小沢氏の手持ち資金の残高は数千万円しか残っていないことになるが、17年の4億円についてはどう調達したのか。

 もっとも不可解なのは、小沢氏側が当初、定期預金を担保に銀行から小沢氏の名義で受けた4億円の融資を土地代金に充てたとしながら、実際には「小沢氏が貸し付けた資金」で支払った後、関連政治団体から集めた約1億8000万円と陸山会の資金で4億円の定期預金を組み、不必要な融資を受けていたことだ。

 ■疑問(3)

 《土地代金の原資として4億円を陸山会に貸し付けておきながら、さらに4億円の融資を受けたのはなぜ?》

 小沢氏は融資書類に署名しながら「具体的な事務処理について関与していない」と説明。署名した理由については「以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借り入れを要請されたことがあり、秘書から頼まれて、そういう理由からと思って署名した」としている。

 小沢氏は土地代金の原資4億円の貸し付け理由について「関連政治団体からかき集めれば何とかなるが、そうすると各団体の活動費がなくなるから」と説明した。しかし、実際には不必要な定期預金担保の融資を受けるために、1億8000万円の資金を各団体からかき集めていたようにも見えるが…。

【関連記事】
池田容疑者「報告していた」…小沢氏の説明と矛盾
連合内で選挙協力に異論 小沢氏問題が影響
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
小沢ついに聴取 特捜“落とし”のポイントはコレだ!

リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割(読売新聞)
<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)
47歳左官の男逮捕=ひき逃げ24キロ引きずり事件−北海道警(時事通信)
【風】“二律背反”のはざまで…(産経新聞)
自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
[PR]
# by 7oo1kmtoki | 2010-01-29 15:35
 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、和歌山地裁で係争中の訴訟が22日、大西嘉彦裁判長の勧告に基づき、4月9日に和解する見込みとなった。

 この日の口頭弁論で、日程が決まった。

 訴訟は全国14地裁で係争中。今月7日に長妻昭厚生労働相らと原告団、弁護団が厚労省で会い、(1)福祉サービスの利用量に応じて負担額が決まる現行の「応益負担」を速やかに廃止(2)平成25年8月までに自立支援法に代わる新たな制度を実施すること−などを明記した合意書に調印。今後は各地裁での和解を軸に終結させる方向が決まっていた。

消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合−総務省(時事通信)
86例目の脳死移植実施(時事通信)
<埼玉連続不審死>殺人容疑で女再逮捕へ 県警2月初めにも(毎日新聞)
元「モー娘。」後藤真希さんの母親が死亡 酔って自宅3階から転落か(産経新聞)
鳩山首相を縛る「小沢依存」…党内に危ぶむ声(読売新聞)
[PR]
# by 7oo1kmtoki | 2010-01-28 13:43